不動産売却に関する疑問・質問 不動産売却のケーススタディ 仙台市不動産売却のご相談
ご成約プレゼント

不動産売却におけるケーススタディ

媒介契約は3種類ありと聞きましたが、どれがおトク?

不動産の売却を不動産売者に依頼する時に交わす契約書を媒介契約書と言います。
この媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類あります。
どの契約がおトクか、という判断材料として、まず、その違いを掘り下げてみましょう。

一般媒介契約:
同時に複数の不動産会社と媒介契約を締結できます。

専任媒介契約:
複数の不動産会社と媒介契約を締結することはできませんが、自分で見つけた買主とは契約ができます。

専属専任媒介契約:
複数の不動産会社と媒介契約を締結することはできず、自分で見つけた買主との契約もできません。

このように比べると、一般媒介契約で、多くの不動産会社と契約すればおトクに見えますが、そうとも限りません。

一般媒介契約では、不動産会社には依頼主への活動報告の義務はなく、ともすれば、販売活動がお座なりになるケースもあるようです。

売主がもっとも気を付けるべきであろう点がひとつあります。それは、依頼する不動産会社の仲介に対する取り組み方です。
不動産が売れたときに発生する仲介手数料は、売主、買主ともに、(物件価格から消費税を抜いた金額)x3%+6万円(消費税別途)と決まっていますが、実はこの仲介手数料の両方を得るために、情報を自社で囲い込み、他社の客付を体よく断る不動産業者が多いのです。こうなると、売主の販売チャンスは激減してしまいます。
不動産業界では、大手と言っても、地域での販売力には限りがあり、一社のみの販売チャンネルはそう大きなものではありません。

当社の場合は、独自の【OBAシステム】を採用しております。この【OBA】とはOpen to Buyer's Agentの略で、客付業者にすべての情報をOpenにして、売主の販売チャンスを最大限にする、というシステムです。

当社では、媒介契約の種類の移管に拘わらず、この【OBA】システムで活動しております。


<< 一覧へ戻る

↑ ページの上部へ

Copyright© 2011 不動産売却 All Rights Reserved. 個人情報