不動産売却に関する疑問・質問 不動産売却のケーススタディ 仙台市不動産売却のご相談
ご成約プレゼント

不動産売却におけるケーススタディ

瑕疵担保責任とはなんですか?

「瑕疵」とは、通常、一般的には備わっているにもかかわらず本来あるべき機能・品質・性能・状態が備わっていないことを意味します。

こうした本来あるべき性能に関して、売主が担保する責任を「瑕疵担保責任」と呼びます。

具体的な例としては、販売する住宅の給湯器が壊れていたり、トイレの水が流れなかったり、雨漏りがしたり、といようなケースが該当するでしょう。

このようなケースが想定される中古物件の販売に於いては、売主は予めその事実を買主に伝えて販売する責任があり、伝えられていない不具合については、瑕疵担保責任が適応される、と言えます。


<< 一覧へ戻る

↑ ページの上部へ

Copyright© 2011 不動産売却 All Rights Reserved. 個人情報